酒粕の栄養や効果、保存方法は?酒粕パックって肌にいいの?

016

寒い季節に体をぽかぽか温めてくれる粕汁や甘酒は、何よりのごちそう
ですよね。

その粕汁や甘酒のもとになるのが酒粕です。

栄養価が高く、最近では美肌や健康に良い成分が含まれていることが
確認され、その活用法にも注目が集まっています。

そんな酒粕についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

酒粕とは


日本酒は、蒸したお米と米麹(こめこうじ)とお水で仕込み、発酵した
もろみを搾って作られます。

このとき、搾った後に残る白色の固形物が酒粕です。

酒粕は、いくつかの種類に分けられます。

  • 板粕・・・もろみを圧搾して板状に残った酒粕を、ていねいに剥がして切り揃えたものです。
  • ばら粕・・・板状に取れなかった酒粕のことで、ぼろぼろとしています。
    大吟醸や吟醸酒の酒粕はお米を低温発酵させて作るため米粒が残っている場合が多く、板状に取ろうとするとくずれてしまったり、酒成分が多く残っているため、柔らかすぎて板状に取れなかったりしたものがばら粕となります。
  • 練り粕・・・酒粕をやわらかなペースト状に練ったものです。
  • 踏込み粕・・・ばら粕または板粕をタンクに入れ足で踏み込み、空気を追い出して、4~6ヶ月熟成させたものです。
    アミノ酸やミネラルなどが多く含まれるので、風味やうまみが増します。
    色は茶色で、主に酢原料や漬物用として使用されます。
  • 成形粕・・・ばら粕を練り込んで棒状に押し出し、板粕状にしたものです。
    練り込んでいるため使いやすいですが、練ることで米麹が壊れ酸化するため、若干風味に欠けます。

 

酒粕の持つ栄養素


酒粕にはさまざまな栄養が含まれています。

日本酒を造る材料に含まれている成分のビタミンBたんぱく質食物繊維
有機酸などにプラスして、それらが発酵していく過程で生まれてくるペプチド
アミノ酸なども含まれています。

米に含まれているたんぱく質の一種「レジスタントプロテイン」には、
油を捕まえるという特長があります。

また、消化されにくいたんぱく質でもあるので、コレステロールなど食品の
脂質や食べた油を捕まえて、そのまま消化吸収されることなく体の外まで
運び出してくれます。

そのため、悪玉のLDLコレステロールの値を下げてくれたり、お通じを改善
してくれたりする作用がある
といわれています。

また酒粕には日本酒を造るときに使われる酵母もたっぷり含まれていて、
ビタミンB2は米の26倍、B6は47倍、アミノ酸は583倍にもなります!

 

酒粕の保存方法


酒粕は基本的には冷蔵保存です。

スポンサーリンク

アルコール分が含まれているので、冷蔵庫で保存していても熟成が進み、
色や味が濃くなるので、3~6ヶ月位を目安に使いましょう

自然酒酒粕(白米の板粕)で甘酒など風味を楽しみたいという場合は、
冷凍保存がおすすめです。

使いやすい量に小分けしてラップに包み、チャック付きの袋に入れて
冷凍すれば出来立ての風味がいつでも楽しめます。

冷凍保存の目安は1年です。

使う時は前日に冷蔵庫に移しておくか、常温での自然解凍がおすすめです。

表面に白っぽい粉が出てきたり、ピンクっぽくなることがありますが、
これはアミノ酸等の旨み成分なので、安心して食べることができます。

旨みが増しているので粕汁や粕床に使うとおいしいです。

 

酒粕で作る甘酒の作り方


甘酒を酒粕で作ると、手軽でおいしくできますよ。

材料(4人分)

  • 酒粕 ・・・ 100g
  • 水  ・・・ 400cc
  • 砂糖 ・・・ 大さじ3
  • しょうがのしぼり汁 ・・・ 小さじ1くらい

作り方

  1. 小さくちぎった酒粕、水、砂糖を鍋に入れて酒粕が溶けるまで煮ます。
  2. 酒粕が溶けたら、最後にしょうがのしぼり汁を入れてできあがりです。

 

1杯分だけサッと作って飲みたいときは・・・

酒粕・50g、砂糖・大さじ1を耐熱のカップなどに入れて、
電子レンジで10秒くらい加熱し、なめらかになるまでよく混ぜ、
熱湯・200ccを注いで、よく混ぜたらできあがり。

 

酒粕の美容効果


シミ・そばかすはメラニン色素の沈着によって起こりますが、そのメラニン
色素のもとになる物質の「ドーパクロム」はチロシナーゼという酵素の働き
によって生成されます。

酒粕には「遊離リノール酸」という、チロシナーゼの働きを抑制する物質が
豊富に含まれていて、シミ・そばかすの防止効果が期待されています

昔から、酒造りに携わる人の手は白くつやがあるといわれるのは、
こうした酒粕の効果があるからなんだとか。

酒粕パックのやり方

  1. 100gの酒粕を細かく砕き、50ccの精製水で溶いて、
    フードプロセッサーやすり鉢で擦ります。
  2. それを顔に塗り、10~15分して乾いたら洗い流しましょう。
  • 1週間くらいは持つので冷蔵庫で保存しておきましょう。
  • 肌に合わないこともありますので、まずは少量の酒粕を腕など塗って、
    問題がないことを確認してから使ってください。

 

まとめ


酒粕はデンプンの分解を遅くする成分を含んでいて、さらに脂質が少ないので、ダイエットにも最適な食材だと言われています。

過剰な期待はせずに、まずは多くの栄養を一度に取ることができる食品として、お料理やお菓子作りに取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です