年越しそばの由来は?年越しそばっていつ食べるの?

019

年越しそば」とは、大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べるそば
のことで、呼び方も「みそかそば」「つごもりそば」「大年そば」「運気そば」「福そば」などたくさんあります。

日本の年末の風物詩にもなっている年越しそばのあれこれをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

年越しそばの由来


年越そばの由来については、

  • そばは細く長いことから、長く細く生きられるように、延命・長寿を願って年越しに蕎麦を食べた。
  • 鎌倉時代、博多の承天寺で年を越せない町の人にそば餅をふるまったところ、翌年から皆に運が向いてきたという伝説から年越しそばが始まった。
  • 金銀細工師が散らかった金粉をそば粉を使って集めることから、そばは「金を集める縁起物」となり、新年の金運向上のために食べるようになった。
  • そばは切れやすいことから、一年間の苦労や借金と縁を切って新しい年を迎えることを願って、大晦日の晩の年越し前に食べるようになった。
  • そばの実が五臓の毒を取ると信じられていたことから。
  • ソバという植物は、風雨に叩かれても再び日光を浴びると元気になることから、健康の縁起を担いで食べるようになった。

など、いろいろな説があります。

 

年越しそばっていつ食べる?


みなさんは、年越しそばをいつ食べますか?

各家庭によって食べる時間はいろいろだと思いますが、「大晦日の夕飯として食べる」「除夜の鐘を聞きながら年が明ける直前に食べる」のどちらかという人が多いようです。

特に正しい決まりはないのですが、ひとつだけ、「年を越して食べてはいけない」という決まりごとがあります。

スポンサーリンク

年越しそばは、年を越す前に食べないと縁起が悪いそう。12時までに食べ終わりましょう。

また、地方によっても違いがあり、福島県の会津地方では大晦日ではなく元日に、新潟県でも大晦日ではなく元日や1月14日(小正月の前日)にそばを食べる「十四日(じゅうよっか)そば」といった風習のあるところもあるそうです。

 

年越しそばの具


年越しそばにのせる具には明確な決まりはなく、各家庭でお好きな具を乗せて食べる形で問題ありません。

甘く煮た油揚げを載せた「きつねそば」、
天かす(揚げ玉)を載せた「たぬきそば」、
天ぷらやかき揚げを載せた「天ぷらそば」、
生卵をつゆの中に割り入れた「月見そば」、
山芋や長芋のすりおろしにうずらの卵を載せた「とろろそば」、
つゆの中に大根おろしを入れて食べる「おろしそば」、
鴨肉とネギの入った「鴨南蛮」、
カレー粉をつゆでのばして片栗粉でとろみをつけた汁をかけた「カレー南蛮」、
なめこと大根おろし等を載せた「なめこそば」、
ニシンの甘露煮を載せた「ニシンそば」、
コロッケを載せた「コロッケそば」などなど、
おそばの具にはおいしそうなものがたくさんありますね。

ひとつだけ、薬味のネギは欠かせないそうです。

ネギには、疲れをねぎらうという意味の「労ぐ(ねぐ)」祈るという意味の「祈ぐ(ねぐ)」お祓いやお清めをする神職の「祢宜(ねぎ)」などの言葉にかけて、1年間の労をねぎらい、来年の幸せを祈って心安らかに新年を迎えましょうという意味があります。

福島県には、ネギ1本をお箸代わりにして、そのままネギごと食べるという豪快なそばもあるそうですよ。

 

まとめ


大晦日は、お正月の準備を終えて一晩中眠らずに年神様を迎える日とされていて、この夜に早く寝ると白髪になるとかシワが増えるという言い伝えがある地方もあるそうです。

今年もおいしい年越しそばを食べて、新年を気持ちよく迎えたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です