秋バテってなに?原因や予防する方法は?

022

「お日様が照っていてもなんだか少しひんやり・・・」
と、秋の気配がしっかり感じられるようになったこの時季、
秋バテ」という人が最近増えてきているそうです。

その「秋バテ」の原因や予防法などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

秋バテとは


暑い夏を何とか乗り切った!と思っていても、
秋になって急に涼しくなると、体に疲れや不調が出てきてしまうのが
秋バテです。

主な症状には、全身倦怠(けんたい)感食欲不振消化不良
下痢頭痛などがあり、

  • 食欲がなく胃がもたれる。
  • 疲れやすく、体がだるい。
  • 「立ちくらみ」や「めまい」がする。
  • 頭がボーっとする。
  • 寝不足で朝スッキリと起きられない。

という症状が出てきたら、秋バテのサインかもしれません。

 

秋バテになる原因は?


秋バテの原因には、

  • 汗をかくことによる水分やミネラルの不足
  • 胃腸の疲れによる消化機能の低下
  • 屋内と屋外の温度差による自律神経の乱れ
  • 睡眠不足による体力の低下

などが挙げられます。

9月に入っても夏のような暑さが続くと、その暑さが体への負担になったり、
暑さでなかなか寝付けず睡眠不足になることで、体力が低下してしまいます。

夏の暑かったときと同じように、薄着で過ごしたり、冷たいものを取りすぎたりしていると、体の中の胃腸や内臓などが冷えてしまい、体全体の働きが低下してしまいます。

秋は、日中はTシャツで過ごせても、夜には上着が必要になるくらい
冷えることがあり、この朝晩と日中の温度差に体がついていけず、
風邪をひきやすくなったり、体調を崩しやすくなったりしてしまいます。

スポンサーリンク

また、秋の空は、めまぐるしく変化するのが特徴で、長雨や台風など
気圧の変化も激しく、そのことで、頭痛めまい肩こりだるさなどの
体調不良を感じる人もいます。

 

秋バテを防ぐ生活習慣のポイントは?


【食事】

1日3食を規則正しく、バランス良く食べましょう。

冷たいものは控えて、なるべく温かいものをとりましょう。

胃腸に負担をかけないように、よく噛んでゆっくり食べることも大切です。

 

また、免疫力を高める、ビタミンミネラル食物繊維をいつもより積極的にとるようにしましょう。

 

 

【運動】

気候が涼しくなると汗をかかなくなるので、ウォーキング軽い運動
適度な汗をかくようにしましょう。

もちろん、そのときには水分補給も忘れずに。

 

 

【入浴】

38℃から40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう
半身浴もおすすめです)

副交感神経が優位になり、リラックスして眠りにつきやすくになります。

 

 

【睡眠】

日中は暑くても夜や明け方は気温が下がります

長袖のパジャマ腹巻き厚めの布団を用意しましょう。

冷え込みが一番厳しくなるのは明け方なので、布団をかけなくても、
脇や足元に置いておくと朝方かけることができますね。

 

 

一般的に、外気との温度差は5℃以内が望ましいとされていますが、
この時季は、なかなか難しいですよね。

自分の体調に合わせて温度調節ができるように、カーディガンひざ掛け
靴下腹巻きなどを準備しておきましょう。

 

まとめ


「秋バテ」を防ぐには、体を守り、ゆっくり休むといった生活習慣を守ることも大切です。

天候の変化によるストレスは意外に大きいので、無理のない生活を心がけたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です