おせち料理にはどんな意味があるの?その由来は?

023

お正月に食べる料理といえばおせち料理ですよね。

そのおせち料理の1つ1つには意味があるのをご存知ですか?

 

スポンサーリンク

 

おせち料理とは


もともとは、五節供(ごせっく)に神様にお供えする料理
「御節供(おせちく)」を略したもので、漢字では「御節料理」と書きます。

五節供(五節句)とは、1年間に5つある、伝統的な年中行事を行う
季節の節目となる日のことで、

1月7日(人日・じんじつ)3月3日(上巳・じょうし)
5月5日(端午・たんご)7月7日(七夕・たなばた)
9月9日(重陽・ちょうよう)

の5つを指します。

やがて、その中で最も重要なのが正月だったため、おせちといえば正月料理をさすようになりました。

 

おせち料理の由来


平安時代の宮中行事では、元日や五節供などの節日に節供料理をふるまう習わしがありました。

江戸時代になって、この宮中行事が庶民にも広がり、やがて1番目の節日であり最も重要な正月の料理が「おせち料理」と呼ばれるようになり、全国的に広がっていきました。

お正月には、五穀豊穣を司る年神様をお迎えして、新しい年の豊作と幸福を授けていただく行事が行われます。

おせち料理は年神様へのお供え物として作られ、五穀豊穣家族の安全と健康子孫繁栄の祈りを込めた、海の幸、山の幸を豊富に盛り込んだものになりました。

 

おせち料理はなぜ重箱に詰めるのでしょう?


おせちには、縁起の良いいわれやしきたりがたくさんあります。

重箱に詰めることもそのひとつで、
「福を重ねる」「めでたさを重ねる」という意味があります。

また、重箱の詰め方にもしきたりがあって、

  • 1段目から4段目までは料理を入れ、5段目は年神様から授かった福を詰める場所として空っぽにしておく。
  • 各段の料理の数は、5種・7種・9種の吉数で詰めると縁起が良い。

などとされています。

 

おせち料理の意味


重箱に詰められている料理や素材には、それぞれ意味があります。

一の重:1番上の段で、「祝い肴(ざかな)」「口取り」を詰めます。

祝い肴

  • 数の子・・・数の子はニシンの卵で、卵の数が多いことから、子孫繁栄を願う縁起物として食べられます。
  • 田作り(ごまめ)・・・昔はイワシが田畑の高級肥料として使われていて、イワシを肥料にすると米が豊作となったことから、「田作り」「五万米」と呼ばれ、豊作を願って食べられます。
  • 黒豆・・・黒には魔よけの力があるとされていて、まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせるようにと、無病息災を願って食べられます。
  • たたきごぼう・・・ごぼうは根を深く張るところから、家族の安泰の願いが込められています。
    また、色や形が豊作の象徴と伝えられている黒い瑞鳥に似ていることから、豊作を願って食べられます。
    たたいて身を開くので開運の意味も持っています。

口取り

スポンサーリンク
  • 紅白かまぼこ・・・かまぼこの半円形が日の出に似ていることから、また、紅白で縁起が良いことから用いられます。紅は魔除けを、白は清浄を表します。
  • 伊達巻き・・・伊達巻の「伊達」は華やかさや派手さを表す言葉で、伊達政宗の派手好きに由来するなど、諸説あります。形が巻物に似ていることから、知識や文化の発展、学問や習い事の成就を願って食べられます。
  • 昆布巻・・・「よろこぶ」という言葉にかけて入れられるようになりました。
  • 栗きんとん・・・栗は「勝ち栗」と呼ばれる縁起物で、きんとんは「金団」と書き、黄金色に輝く財宝にみたてて、金運を呼ぶ縁起物として食べられます。
  • ちょろぎ・・・植物の根をシソ酢で赤く染めたもので、「長老木」「長老喜」「千代呂木」などの字が当てられ、長寿を願う縁起物として食べられます。

 

二の重:縁起のいい海の幸などの「焼き物」を詰めます。

  • ぶり・・・出世魚であることから立身出世を願って食べられます。
  • ・・・お祝い事の定番の縁起物で「めでたい」の語呂合わせから用いられています。
  • 海老・・・海老の姿から、腰が曲がるまで長生きできるようにと長寿を願って食べられます。「赤色は魔除けの色と言われているから」「海老の朱色の晴れやかさから用いられる」という説もあります。

 

三の重:山の幸を中心に、筑前煮、野菜の煮しめなどの「煮物」を詰めます。

  • れんこん・・・穴が多数あることから、将来の見通しがきくという意味の縁起かつぎで食べられます。
  • 里芋・・・子芋がたくさんつくことから、子宝に恵まれますようにと願って食べられます。
  • くわい・・・最初に大きな芽が出ることから「めでたい」にかけて、芽が出ることから出世を祈願して食べられます。

 

与の重:酢のもの、和えものを詰めます。

※忌み数字の「四」は不吉で縁起が悪いことから、「与の重」と呼ばれています。

  • 紅白なます・・・紅白はお祝いの水引をかたどったもので、平安、平和を願う縁起物として食べられます。
  • 菊花かぶ・・・菊は邪気をはらい命をのばす効果があるとされていて、長寿を願う縁起物として食べられます。

 

五の重:控えの重

年神様から授かった福を詰める場所として、空っぽにしておきます。
また、現在が満杯(最高)の状態ではなく、さらに繁栄し、富が増える余地があることを示しているのだそうです。

 

まとめ


おせち料理には、たくさんのいわれやしきたりがありますが、
家族が1年間、元気で幸せに暮らせるようにと願いを込めて、
いろいろと考えられているんですね。

今度のお正月は、1つ1つの料理にこめられた願いを思いながら食べるのも
良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です