節分や豆まきの由来は?どうして鬼に豆を投げるの?

035

節分に豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりしたことがある方は
多いと思いますが、その由来や意味をご存知ですか?

 

スポンサーリンク

 

節分(せつぶん)とは?


日本には春夏秋冬の四季があり、暦の上では、それぞれの季節が始まる日を
立春・立夏・立秋・立冬といい、これらの前日のことを「節分」といいます

旧暦では、立春の頃が新しい年の始めとされ、
4つの節分の中でも、立春前の節分は最も重要視されていたので、
節分といえば、立春の前の日を示すようになりました。

立春を新年とすると、節分は大晦日に相当する大切な節目となり、
新年に福を呼ぶために、邪気をはらう様々な行事が行われるようになりました。

 

豆まきの由来


その昔、日本では、新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むために、
追儺(ついな)」という行事が行われていました。

追儺は、「鬼やらい」「なやらい」「厄払い」ともいわれ、
悪鬼や疫病を追い払うという行事で、奈良時代に中国から伝わり、
平安時代には陰陽師らによって宮中行事として行われるようになりました。

その行事は、黄金で四つ目の仮面をかぶった方相氏と呼ばれる人が、
矛と盾を持って疫鬼を追い払う
というものでしたが、
しだいに庶民の間にも広がり、豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、
定着していきました。

 

どうして鬼に豆を投げるのでしょう?


」は中国の「陰(おん)」に由来します。「陰」とは目に見えない気、
主に邪気のことをさし、それが「おに」になりました。

また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあり、災害、疫病、飢饉など、人間の力ではどうにもならない恐ろしい出来事は、鬼の仕業と考えられていました。

特に新しい年や季節の変わり目に鬼がやってきやすいと考えられていたため、節分には豆まきで鬼退治をするようになりました。

また、昔から大豆には神様の力が宿ると信じられていて、これを魔物の目(魔目=まめ)に投げつけると魔を滅する(魔滅=まめ)ことができると考えられていたことから、豆がまかれるようになりました。

 

豆まきのしかた


038
家庭でできる典型的な豆まきのしかたをご紹介します。

 

豆の準備

豆まきに使う大豆は、必ず炒った豆を使います。

拾い忘れた大豆から芽が出てしまうと縁起が悪いとされています。

炒った大豆を「福豆」といいます。

福豆は、神様の力が宿るように、豆まきをするまで神棚にお供えしておきます。

神棚がない場合は、タンスなど目線よりも高いところにお供えしておきましょう。

 

※節分用に市販されている豆は予め炒ってあるものがほとんどですので、そのままで大丈夫です。

 

豆まきは夜に

鬼は真夜中に「鬼門(きもん)」と呼ばれる北東からやってくるので、
豆まきは夜が適しています。

スポンサーリンク

家族みんなに福がくるよう、全員そろってから行いましょう。

 

豆をまくのは一家の長

一般的には、一家の主人または年男や年女、厄年の人がいるときは、その人が豆まきをするとされていますが、ご家庭でされる場合は、家族全員で、というところも多いようです。

 

「鬼は外!福は内!」と唱えながらまく

窓を開けて「鬼は外!」と唱えながら家の外に向かって2回豆をまき、
鬼が戻らないようすぐに窓を閉めて、「福は内!」と唱えながら
部屋の中に2回まきます。

奥の部屋から順番に鬼を追い出すように、最後は玄関までまきます。

胸のあたりに枡を持って、そこからまくような感じで下手投げをすると、
心の中の鬼も追いはらうことができます。

 

最後は豆を食べましょう

豆まきが終わったら、1年の無病息災を願いながら、
自分の年齢よりも1つ多く(数え年の数だけ)豆を食べます

福豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。

数が多くて豆が食べきれないときは、福茶を飲むという方法もあります。

作り方は簡単で、お湯のみに、縁起のいい「3」粒の福豆と、
塩昆布(または昆布の佃煮)適量、種を取った梅干し1個を入れ、
熱湯を注げば出来上がりです。

 

焼嗅(やいかがし)とは?


036

 
 

 

節分に欠かせないもののひとつに「焼嗅(やいかがし)」があります。

鬼は「臭い鰯(いわし)の頭」と「柊(ひいらぎ)のギザギザした葉」が苦手とされ、
鰯の頭を焼いたものを柊の枝に刺し、それを玄関先につけて、鬼が入ってこないようにするという風習で、「鰯柊(いわしひいらぎ)」「柊刺し(ひいらぎさし)」とも呼ばれています。

昔からにおいの強いものやトゲのあるものは魔除けや厄除けに効果があるとされています。

 

恵方巻き


037

 

 

節分の日に食べると縁起がよいとされる太巻き寿司のことで、
「丸かぶり寿司」「恵方寿司」などと呼ばれることもあります。

大阪で商売繁盛を祈願する風習として始まったといわれています。

恵方巻きを食べるときは、恵方を向いて、食べ始めから食べ終わりまでしゃべらず、丸ごと一本にかぶりつくという決まりがあります。

恵方とは、その年の福を授ける年神様がいる方角で、毎年変わります。

2015年の恵方は、西南西です。

「福を巻きこむという意味で巻きずし」「縁起よく七福神にあやかって7種類の具を入れる」「縁を切らないよう包丁で切らずに丸ごと1本食べる」「巻きずしは逃げた鬼が忘れていった金棒で、その金棒を食べることで厄をはらう」といった説もあります。

 

まとめ


北海道、東北、信越地方では落花生で豆まきをするそうです。

大豆で豆まきをした場合は、まいた豆と食べる豆とは別ということが多いのですが、落花生の場合は、まくものと食べるものが一緒だそうです。

殻付きなので中身はきれいだし、拾いやすく、小さなお子さんでも安心ですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です