ひな祭りの由来は?雛人形の七段飾りの並べ方、食べ物の意味は?

061

 

3月3日の「ひな祭り」にはどんな由来があるのでしょうか?

雛人形の並べ方やひな祭りに食べられる食べ物などもご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ひな祭りの由来

 

「ひな祭り」は、古代中国の「上巳節(じょうしせつ)」に由来すると言われています。

 

上巳とは、3月上旬の巳の日という意味で、季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、この日に川で身を清めて、不浄を祓うという習慣がありました。

 

これが平安時代に日本に伝わり、巳の日に草や紙で作った人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、それを川に流すという神事が行われるようになりました。

 

今でも一部の地域でみられる「流し雛」は、この名残です。

 

やがて「上巳の節句」として日本独自の文化として定着していきました。

 

これに、貴族の子供たちの間で盛んだった人形遊びの「雛遊び(ひいなあそび)」が結びつき、3月3日にひな人形を飾って女の子の健やかな成長を願う「ひなまつり」に発展しました。

 

ちょうど桃の開花期に重なることや、桃には邪気を払う力があると信じられていたことから、「桃の節句」ともいいます。

 

 

 

雛人形の七段飾りの並べ方

 

一般的な七段飾りの並べ方をご紹介します。

 

雛人形は宮中の婚礼の様子を表しています。

 

一段目・・・内裏(だいり)びな

062

雛人形の主役のお二人です。

 

男びな(お殿様)女びな(お姫様)のほか、後ろに金屏風、両脇に雪洞(ぼんぼり)、二人の間には桃の花をさした瓶子(へいし)をのせた三方(さんぼう)飾りを置きます。

 

日本古来の並べ方は、左上位の考え方から、左(向かって右)に男びな、右(向かって左)に女びなとなっていましたが、昭和天皇の即位の礼が催されたときに、国際マナーにそくして天皇が皇后の右にお立ちになったことから、右(向かって左)に男びな、左(向かって右)に女びなを並べるようになりました。

 

現在でも伝統を重んじる京都などでは、日本古来の左上位の並べ方をするところが多く見られます。

 

 

二段目・・・三人官女(さんにんかんじょ)

063

お酒をつぐ給士役の三人です。

 

内裏に仕える女官たちで、中央の女官長はお酒を飲む盃をのせた三方または島台を持ち、向かって左の女官は、お酒の入った加え(くわえ)の銚子を持ち、向かって右の女官は、お酒を注ぐ長柄(ながえ)の銚子を持っています。

 

官女の間には高坏(たかつき)を置いて、丸餅などの和菓子をお供えします。

 

中央の女官長は眉毛がありません(昔は既婚女性は眉を剃り、お歯黒をつける習慣がありました)。

向かって左の女官は口を開け、向かって右の女官は口を閉じています

 

 

三段目・・・五人囃子(ごにんばやし)

064

お囃子を演奏する少年楽師たちです。

 

向かって左から太鼓(たいこ)、大鼓(おおかわ)、小鼓(こつづみ)、笛(ふえ)、謡(うたい)と並んでいます。

 

五人の楽師たちは元服前なので、髪は結ばず少年の髪型になっています。

 

 

四段目・・・隋身(ずいじん)

065

主役のお内裏様を警護する武官で、向かって左の若者が右大臣(うだいじん)、右のひげをはやした老人が左大臣(さだいじん)です。

 

左手にはを、右手にはを羽根を下にして持ち、背負い矢を、向かって右の肩側に羽根の先が見えるように持っています。

 

中央には、菱餅(ひしもち)と掛盤膳(かけばんぜん)を置きます。

 

 

五段目・・・仕丁(じちょう)

066

宮中の雑役を務める人たちです。

 

泣き上戸、怒り上戸、笑い上戸の3人なので、三人上戸(さんにんじょうご)ともいいます。

スポンサーリンク

 

帽子をかける台笠(だいがさ)、靴をのせる沓台(くつだい)、立傘(たちがさ)を持って、出掛けるときの様子をあらわしています。

 

熊手、ちり取り、箒(ほうき)を持っている場合は、宮中を掃除する様子をあらわしています。

 

向かって左に右近の橘(うこんのたちばな)を、向かって右に左近の桜(さこんのさくら)を置きます。

 

 

六段目・・・お道具類

070

六段目にはお嫁入り道具が並びます。

 

向かって左から、箪笥(たんす)・鋏箱(はさみばこ)・長持(ながもち)・鏡台(きょうだい)・針箱(はりばこ)・火鉢(ひばち)・茶道具(ちゃどうぐ)と並べます。

 

 

七段目・・・御輿入れ道具(おこしいれどうぐ)

071

お姫様の婚礼行列のための道具が並びます。

 

向かって左から、御駕籠(おかご)、重箱、牛車(ぎっしゃ・御所車とも呼ばれます)と並べます。

 

 

 

ひな祭りの食べ物

 

ひな祭りには古くから伝わる伝統的な食べ物があり、その代表的なものとして、菱餅(ひしもち)、ひなあられ、白酒(しろざけ)、はまぐりの吸い物、ちらし寿司などがあります。

 

菱餅(ひしもち)069

 

緑、白、ピンクの3色のお餅を菱形に切って重ねたものです。

 

増血効果があると言われるよもぎを混ぜた緑のお餅は「健やかな成長」を、血圧を下げると言われるひしの実が入った白のお餅は「子孫繁栄、長寿、純潔」を願い、解毒作用があると言われるクチナシで色をつけたピンクのお餅は「魔除け」を意味します。

 

また、この3色を重ねて「雪がとけて大地に新芽が芽吹き、桃の花が咲く」という春の情景をあらわしているという説もあります。

 

 

ひなあられ  068

 

ひなあられは、関東風と関西風で大きく違います。

 

関東風のひなあられは、お米を爆(は)ぜて作った「ポン菓子」に砂糖などで味付けしたもので、大きさは米粒大で甘いです。

 

関西風のひなあられは「あられ」で、大きさは直径1センチくらいあり、しょう油や塩味などもあります。

 

昔、ひな人形を持って野山や海辺へ出かけ、おひなさまに春の景色を見せてあげるひなの国見せ」という風習があり、そのときに春のごちそうと一緒にひなあられを持って行ったのが始まりで、菱餅を砕いて作ったという説もあります。

 

 

白酒  059

 

もともとは、桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、桃の花びらをお酒にひたした「桃花酒(とうかしゅ)」を飲む風習がありましたが、江戸時代からは、みりんに蒸したもち米や米麹を混ぜて熟成させた「白酒」の方が親しまれるようになりました。

 

 

はまぐりの吸い物  067

 

はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから、仲の良い夫婦を表し、良い結婚相手と結ばれて、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物です。

 

開いた貝の両側にそれぞれ身をのせ(1つの貝に2つ分の身をのせる)、将来の幸せを祈っていただきます。

 

 

ちらし寿司  058

 

ちらし寿司そのものにいわれはありませんが、えびは長生き、れんこんは見通しがきく、豆は健康でまめに働けるなど、縁起の良い具材が多く、三つ葉、卵、人参などの春らしい華やかな彩りが女の子の節句にぴったりなため、ひな祭りの定番メニューとなりました。

 

 

 

まとめ

 

日本の伝統行事には、ひとつひとつ大切な意味が込められているんですね。

ひな祭りがちょっと楽しみになってきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です