文字をきれいに書くコツは?字が綺麗に見える書き方は?

088

最近、パソコンやスマホで字を打つようになって、
「字を書くことが減ったな~」と思いませんか?

 

その一方で、文字を書くことにコンプレックスを持っていて、
今からきれいな文字を書くことなんて無理だと思っている方も
多いのではないでしょうか?

 

実は、美しい文字を書くには、
練習量ではなく「コツを身につけること」がポイント

だったんです。

 

そこで、字をきれいに書くコツをご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

ペンの持ち方を工夫する

087

親指のつけ根にペンを挟んで書く人が結構多いんだそうですが、
これだと、手の中でペンが動いてうまく字が書けません。

 

また、疲れやすく、余計な力が入って、線もかたくなってしまいます。

 

ペンは、親指と人差し指で挟んで中指で支えます。

 

 

「とめ」「はね」「はらい」を意識する

086

スポンサーリンク

 

サ~ッと流れるように書いてしまわずに、一文字一文字をていねいに、
「とめ」「はね」「はらい」を意識して書くように心がけましょう。

 

これだけでも、文字の印象が変わりますよ。

 

 

「右広がり」に書く

 

横線を6度ほど右上がりに書くと美しく見えます。

 

右上がりに書くだけでは字が傾いてしまいますので、

文字の右下に重心をかけてバランスをとります

 

 

間隔をそろえる

 

縦・横の平行する線の間隔をそろえると、文字が整って見えます。

 

 

 

「漢字」と「ひらがな」のバランス

 

「漢字」の大きさよりも「ひらがな」を2割ほど小さく書くときれいに見えます。

 

「バランス」「メリハリ」を意識することが大切です。

 

 

 

まとめ

 

美しい文字を書くには、このようなちょっとしたコツがあったんですね。

忙しくてペン習字を習う時間がないという方も、
これなら簡単にできそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です