冷凍卵とは?美味しいの?作り方やメリット、レシピをご紹介!

143
最近話題になっている「冷凍卵」ってご存知ですか?

なんと、生卵をそのまま冷凍してしまうというものなんですが、
「冷凍すると黄身が美味しくなる!」と評判なんです!

 

スポンサーリンク

 

冷凍卵の作り方

 

冷凍卵は、生の卵を冷凍して作ります

 

作り方は・・・

卵を殻のまま保存袋に入れて、冷凍庫に入れるだけです。

 

※卵が固まるまでには、12時間以上かかります。

 

手軽にできるので、冷凍卵のレシピ本も続々と出版されています。

 

 

冷凍卵のメリットは?

 

その1

  • 解凍するときに水分が抜けてタンパク質同士が結びつき
    もっちりとした食感になり、まろやかな味わいになります。

 

その2

  • 凍っているので、粉をつけて揚げたりお肉で包んで焼いたり
    スープで煮ることなどもでき、料理の幅が広がります。

 

その3

  • 冷凍→解凍の過程で卵黄膜が破れるので、
    調理したときに、味がしみやすくなります

 

その4

  • マイナス18℃ほどで冷凍しておけば鮮度も落ちず
    栄養成分もほぼ変わりません1か月ほど保存ができます

 

冷凍する卵は新鮮なものを使い、なるべく早く食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

「冷凍卵」を使ったレシピ

 

「冷凍卵」を使ったレシピをご紹介します!

 

まずはシンプルに・・・

 

「卵かけごはん」

 

・冷凍卵は、殻をむいてから1時間ほど自然解凍し、熱々のごはんにのせてしょうゆをかけていただきます。

→ 熱々ごはんとたまごのひんやり感がクセになる美味しさです!

144

 

ほかにも・・・

 

「卵黄の海苔包み」

 

・海苔にゴマ油を塗って、しそをのせ、解凍した冷凍卵の黄身だけをのせて包んで食べます。

→ ひんやりとした卵黄の濃厚な味わいが楽しめます。

 

 

「スコッチエッグ」

 

・合いびき肉、玉ねぎを混ぜたものに、冷凍卵を包んで、小麦粉・パン粉をまぶして揚げます。

→ 本来はゆでたまごを使うのが基本ですが、冷凍卵を使うことで黄身がトローリと半熟に仕上がります!

 

142

まとめ

 

焼いて錦糸たまごにしたものを冷凍しておく、ということはありましたが、
生のまま冷凍してしまうとは驚きました。

卵の特売などでたくさん買ってしまったときなどに
ぜひ一度、試してみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です