スマホ老眼とは?スマホによる目疲れの対策や予防法は?

152

この3~4年で急速に普及したスマートフォン。

電話やメールはもちろん、地図になったり、電車の時刻表になったり、
手帳になったり、家電の遠隔操作ができたりと、便利な機能がたくさんあり、
ついつい画面に夢中になって、気が付いたら何時間も経っていた、
とか、
電車の中でもスマホ、家では寝る直前までスマホ、と手放せなくなっている
という方もおられるのではないでしょうか?

151

いつのまにか画面と顔が近くなってしまい、
画面から目を離すと遠くが“ボヤ~ン”ってことないですか?

それは「スマホ老眼」と呼ぶそうです。

 

スポンサーリンク

 

スマホ老眼の原因

 

スマホ老眼の症状は「視線を変えるとピントが合わない」という
加齢による「老眼」とよく似たものです。

原因は、水晶体の緊張

人間の目には「水晶体」と呼ばれる「レンズ」があって、
近くを見るときは、筋肉が緊張して水晶体が厚くなり
遠くを見るときは、筋肉がリラックスして水晶体が薄くなります。

一般的な老眼は、加齢によって「水晶体」が硬くなっていることが原因ですが、
スマホ老眼は、手元を見続けたため、目の筋肉の緊張状態が解けないことが原因なので、
年齢に関係なく症状があらわれます

 

 

スマホ老眼は子どもも要注意

 

特に注意が必要なのが、子どもへの影響です148

成長期は体が成長するのと同時に「近視も進みやすい」時期です。

スマホ老眼の症状が出るほど小さな画面を見続けていると、
近視への影響はそれだけ大きくなります。

 

 

スマホ老眼対策

 

ただ、一般的な老眼は回復することはありませんが、
スマホ老眼は、スマホの使用を控えることで、回復も期待できます

 

対策として、

  • スマホは顔から40センチ程度離して見る。
  • 1時間集中して使ったら、10分休憩する。
  • 1日の終わりに目を温めるのも効果的。
    (入浴中にお湯を絞ったタオルを目に乗せるだけでもOK)

などがあります。

スポンサーリンク

 

 

スマホ老眼予防法

 

その1 画面を調整する147

同じスマホの画面でも、明るさによって目の疲れ方が違ってきます

輝度の自動調整機能を使うと、部屋の明るさに合わせてモニターの明るさを
調節してくれるので、目の疲れを軽減することができます

また、フォントを大きめに設定することも、目の疲れを防ぐのに有効です。

 

 

その2 目の体操をする

 

目の周りの筋肉の疲れを取る体操を行うと、調整力が回復します。

 

やり方(それぞれ5秒くらいずつ)

1.目を上下に動かす。
2.目を左右に動かす。
3.目をぐるっと回す。

 

 

その3 目に良いものを食べる

145

目を健康に保つために重要な「ルテイン」を多く含んでいる
ほうれん草、ブロッコリー、トマトなどの緑黄色野菜や、
角膜や水晶体を保護する働きのある「ビタミンA」を多く含む
鶏レバー、ウナギ、ニンジン、小松菜、鶏卵などを積極的に摂ることも大切です。

146

まとめ

 

スマホを長時間操作していると、首だけが前に突き出たり、
背中が丸くなってしまいます。

このような姿勢が続くと、首の筋肉に負担がかかって
肩コリや首コリを引き起こしてしまいます。

なるべく背すじを伸ばして、目線が下を向き過ぎないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です