足がつる・こむら返りは夏は特に要注意!対処法や予防法は?

157

夏の暑くて寝苦しい夜、
そろそろ眠れそうかな~っという時に限って、
足がつること多くないですか?

実は、夏は足がつったり、こむら返りをしやすいんです!

また、足がつるのは、危険な病気のサインかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

足がつる・こむら返りとは?

 

足がつる・こむら返りは、腓腹筋(ひふくきん)けいれんと言って
筋肉が連続的に収縮することによって、突然痛みを生じる現象です。

 

足の裏やふくらはぎに起こることが多いように思うのですが、
実は、筋肉であれば、どこでも起こる可能性はあります。

 

足は

  • 身体の中で一番使っている
  • 体重を支えているので、常に負担が掛かっている
  • 末端にあるため血流が届きにくい

ということから、足の裏やふくらはぎは、一番疲労しやすく、
エネルギーの供給が間に合わないので、つりやすいと言えます。

 

155

 

「子どもの頃や若い時は、そんなに足がつってなかったような・・・」
と思われる方もおられると思いますが、

足がつる・こむら返りは誰もが一度は経験するといわれていますが、
特に50歳を過ぎると、ほとんどの方がなるといわれています。

 

加齢と共に筋肉量や持久力が衰えてくると、どうしても疲れやすくなって、
また血流も悪くなってしまうので起こりやすくなります。

 

また、たまに、背中や腰の筋肉がつったりすることがある方もおられますが、

足の筋肉の場合はよく使う、使い過ぎのために起こってきますが、
腰や背中の筋肉の場合は普段あまり使わない筋肉を突然使ったりすると起こることがあります。

 

 

足がつる・こむら返りの原因

 

足がつる・こむら返りの原因は、
筋肉の使い過ぎ」と「筋肉の使わなさ過ぎ」があります。

 

どちらも過ぎるというのがよくありません。

 

また、夏に足がつる・こむら返りが多い原因のひとつには
冷え」があります。

 

歩き疲れた日の夜、足が急に熱くなったりすることないですか?

 

そんなときは、足には布団は掛けずに、扇風機やクーラーでガンガンに冷やす、
という方も多いのではないでしょうか?

 

163

 

そのように急激に冷やすと、血液循環が悪くなり、筋肉が硬くなりやすくなります。

 

もうひとつの原因として、
水分とミネラル不足」があります。

 

汗をかくとミネラルと水分が不足します
すると、筋肉の代謝が落ち、神経が興奮しやすくなり、
けいれんを起こしやすくなります。

 

 

足がつった時の対処法

 

◇ふくらはぎがつった時◇

足の指先を持ってゆっくり身体の方に引き寄せて、
ふくらはぎの筋肉を伸ばします。

 

身体が硬い方など、手の届かない場合は、
タオルなどを足にかけて行うのもOKです。

 

◇足の裏がつった時◇

足の裏がつった時は、だいたい親指が内側にきていますので、
その内側に曲がっている指を持って、ゆっくりほぐすように伸ばし、
足の裏の筋肉を伸ばします。

 

足が冷えている場合は温めることも大事です。

 

また、汗を多くかいた場合は
経口補水液などで水分やミネラルを補給することも大事です。

160

スポンサーリンク

 

足がつる・こむら返りの予防法

 

足がつる・こむら返りにならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

 

足がつる・こむら返りは、運動し過ぎるのも、運動しなさ過ぎるのもよくないので、

 

  • 外回りのお仕事をされたり、足を非常によく使ったりと、
    足を使い過ぎたときは、マッサージなどで筋肉をほぐしてあげることも大事です。

 

  • 座りっぱなしのお仕事の方など、
    足を使わなさすぎのときは、散歩やウォーキングなどの運動をするのもよいと思います。

153

 

 

お風呂に入って足を温めるのも良いのですが、

ただ、熱いお風呂に入って、クーラーの効いた部屋で
急激に冷やしたりすると、余計足がつりやすくなります。

入浴後も急に足を冷やさないように心がけることが大事です。

 

 

足がつる・こむら返りは病気のサイン!?

 

足がつったり、こむら返りになっても、
痛いのを我慢したら、じきに治りますし、
ほとんどの人は、特に問題はないと思いますが、

まれに「足がつる」といって病院に行ったら、
ほかの病気が見つかったという場合もあります。

 

整形外科的な病気では、

肉離れ、腰椎椎間板(ついかんばん)ヘルニア、
腰部脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)など、
腰の病気が原因で起こる場合もあります。

 

また、足がつる、こむら返りの代表的な疾患に「糖尿病」があります。

 

糖尿病は、神経障害を起こすことが多く、
筋肉への神経伝達がうまくいかなくなって、
足がつったり、けいれんを起こしたりする場合があります。

 

糖尿病は症状が乏しいために、足がつることがきっかけで見つかることがあります。

 

その他に、

内科的な病気では、

甲状腺の疾患であったり、
血流が悪くなるために、心筋梗塞や脳梗塞といった病気のサインであったり、
肝臓病や腎臓病などが見つかる場合もあります。

 

中でも一番怖いのが、閉塞性動脈硬化症という病気で、
足の太い血管が動脈硬化でつまってしまい、それが原因で血流が悪くなり、
歩行障害やしびれ、時には心筋梗塞や脳梗塞を起こし、
最悪の場合は、足を切断する場合もあります。

 

158

 

◇ 足の血液循環チェック ◇

足の血液循環をチェックする簡単な方法があります。

足踏みなど、両足を動かしてみて、足の裏を見比べてみます。

片方の足だけ色が変わらなかったり、触ってみて冷たかったりした場合は、

循環障害の可能性が!

ぜひチェックしてみてください。

 

 

また、動脈だけではなく、静脈がつまってしまう
下肢静脈瘤という病気もあります。

 

血液の逆流を防ぐ静脈が閉じなくなり、足に血液がたまり血管が膨らむというもので、
命にかかわるような病気ではありませんが、
歩けなくなるなど、生活に支障をきたす場合もあります。

 

そして、今の時期、足がつる、こむら返りで
一番疑ってほしいのが「熱中症」です。

154

汗をかくとミネラルが失われるので、足がつったり、こむら返りになります。

 

特に高齢者は気づきにくいことが多いので、足がつった時は、水分、ミネラルを補給しましょう。

 

 

まとめ

 

足がつる、こむら返りは、大抵の場合は問題はないのですが、
運動をしていないのに、頻繁に足がつったり
さらに体調が悪い時は、医療機関に相談しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です