秋の夏バテに注意!原因や解消法は?効果的な食材とは?

195

秋に入り、なんとなく体がだるかったり、食欲がないなど
いわゆる「夏バテ」になっていませんか?

 

そんな夏バテの予防や解消にと
栄養のつくものを食べているという方も多いと思いますが、
実はその食材選びが間違っていることがあるんです。

 

夏バテの原因や解消法、効果的な食材などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

夏バテの原因

 

暑さのピークの時よりも、ちょっと涼しくなった今くらいに
何か体調が悪い、体がだるい、という方が多いようですが、
まさにこれが「夏バテ」なんです。

 

夏バテの一番大きな症状は「体のだるさ」で
それ以外に「食欲不振」「むくみ」「汗が止まらない」「寝つきが悪い
など、いろいろな症状があります。

198

夏バテとは、単純に体が暑さについていけないということだけではなく、
その原因は「自律神経の疲労」です。

 

自律神経とは、血圧、脈拍、呼吸、消化管の運動などを司る神経のことで、
私たちが意識していないところで、生命の維持のために働いている神経です。

 

この自律神経が常にバランスをとっていることによって、
体をいつも良い状態に維持してくれています。

 

その働きの中でも、夏バテに関係しているのが「体温調節」です。

 

暑かったり、急に涼しくなったりすると、寒暖差によって
自律神経が一生懸命頑張らないと安定した状態を維持できなくなり、
特に9月に入ったくらいになると疲れてきて「もうだめだ」となってしまい、
夏バテが急にひどくなって出てきてしまいます。

 

ですので、夏バテを解消させるには、
寒暖差を減らす服装を心がけることが大切です。

 

クーラーの温度調節をこまめにしたり、冷えてきたらひざ掛けを使う、
なども大事です。

196

 

 

もう一つ、自律神経の疲労を引き起こす要素
紫外線」があります。

 

紫外線というのは、人間にとって大敵で、大量に浴びると
それに抵抗しようと全身が一生懸命頑張ります。

 

その結果、紫外線を浴びてしまうと、全身が疲れてしまいます。

 

例えば、海水浴で実際に海に入らなくても疲れることってないですか?
あれは、体を動かしたから疲れたのではなくて、紫外線を浴びることで
自律神経が疲れてしまったからなんです。

 

また、紫外線を浴びると、目の角膜で炎症が起きます。

 

マラソン選手はサングラスをして走っていますが、
あれは、まぶしいからというだけでなく、
少しでも疲労を減らしていい成績を出すためでもあるんです。

197

サングラスをしていると、体全体の自律神経の興奮を抑えることができます。

 

9月に入って、行楽シーズンで外に出る機会が多くなると思いますが
必ず、サングラス、帽子の着用を心がけましょう。

 

 

夏バテに効果的な食材

 

夏バテ対策で一番一般的なものといえば「食事」ですよね。

 

よく、酸っぱいものが良いと、
梅干しや、サラダにレモンをしぼって食べたりしますが・・・

204

これは、大正解です!

 

レモンや梅干しに含まれるクエン酸は、疲労回復に効果的です。

 

 

あとは「うなぎ」が良いと聞きますが・・・

199

これは間違いです。

 

もちろん、取ったら絶対に悪いというわけではなく、
栄養面でも、ビタミンA・B1が豊富なのですが、
ただ、現代の食生活では、ビタミンはそれほど不足していないので
それほどの効果は期待できません。

 

むしろ、たくさん食べ過ぎてしまうと、胃もたれして
また夏バテの原因にもなってしまいます。

 

 

 

では、夏バテ解消に効果的な食材とはなんでしょう?

 

実は、夏バテに1番良いのは、鶏の胸肉なんです。

193

ほかには、マグロカツオといった赤身の魚も非常に良いです。

191

これらには、非常に重要な抗疲労物質イミダペプチド」が含まれています。

 

 

イミダペプチドとは

鳥の胸や魚の尾ひれなど、運動量の多い部位に多く含まれる
疲れのもとを退治する物質です。

 

例えば、渡り鳥は1万km以上の距離を
休むことなく飛び続けることができますよね。

 

それが可能なのは、胸肉にイミダペプチドが豊富に含まれているからなんです。

 

201

 


スポンサーリンク

 

鶏の胸肉のおすすめ調理法

 

イミダペプチドは、毎日取り続けることで、疲労回復効果が期待できます

 

夏バテ解消に効果を出すには、鶏の胸肉を1日に100g食べると良いです。

 

また、本当は朝に摂取すると効果的で、その日1日の疲れがかなり減ります。

 

でも、毎朝となると調理が大変ですよね。
しかも、鶏の胸肉ってパサパサするんですよね。

 

そこで、鶏の胸肉をおいしく食べる調理法をご紹介します。

 

 

「いろんな料理にアレンジできる鶏の胸肉のゆで鶏」

 

ゆで鶏は、朝食のために前の日の晩に作っておくと便利ですよ。

 

胸肉のパサパサ感を防ぐには、火の通し方にポイントあります。

 

まず胸肉をゆでるのですが、ゆで始めの温度がポイントです。

 

いきなり熱いお湯に胸肉を入れてしまうと
表面が固まってしまいますので、水からゆでます

 

鍋に胸肉とひたひたの水を入れて、チキンブイヨン、塩コショウで味を整え、
火が通るまで中火にかけます。(目安は、10~15分くらいです)

203

イミダペプチドは熱に強いので、ゆでても成分がなくなることはありません。

 

ゆがけたら火を消して、そのままじっくりと冷ましていきます。

 

火が通った胸肉は、すぐに引き上げるのではなく
ゆで汁につけたまま、一晩冷ますのがポイントです。
冷めていくあいだに水分が肉に戻って、ジューシーに仕上がります。

 

ゆで鶏はゆで汁にひたしたまま冷蔵すれば、2~3日保存可能です。

 

これを作っておくと、サラダのトッピングにするだけでよいので、
朝から簡単に食べられますよね。

192

煮汁にもイミダペプチドがたっぷり含まれています
鶏のうまみも出ているので、
ぜひ、溶き卵などを入れてスープにしていただいてください。

 

マグロ製品のツナ缶や、かつおだしのお味噌汁でもよいのですが、
効率がいいのは胸肉ですので、
ゆで鶏にして食べるのはよいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

特に季節の変わり目は、自律神経にかかる負担が大きいので
夏バテ回復に役立ててください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です