五十肩とは?肩こりとの違いは?痛みを和らげる方法は?

245
「よっこらしょ。
アイタッ! イタタタタタ!!
なんだこれ! 腕が上がらない! ひょっとして・・・!?」

ある日突然、肩に激痛が走り、腕が上がらなくなる。

それは「五十肩」かもしれません。

その五十肩の症状や対策、痛みを和らげる方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

五十肩とは?

 

五十肩とは

「痛みで腕が上がらなくなる」「強い痛みで夜も眠れない」

といった症状があらわれる「肩関節周囲炎」という病気です。

 

五十肩は徐々に痛みが現れますが、
そのうち時間が経てば自然に治ってしまうという病気です。

 

ただ、痛みが激しいときに「無理やり動かす」「ひっぱる」などの
間違った処置をすると、より痛みが強くなり、悪化する可能性があります。

 

五十肩は、40歳~50歳くらいではっきりした原因がないにもかかわらず
肩に痛みが現れて、そのうち肩の動きが悪くなってくるといった状態です。

 

初めは動かすと痛みが出てきますが、
次第に動かさなくても痛みが出てきて
最後は痛みで眠れないという状態になってきます。

 

五十肩で痛みが起こりやすい動作としては

・高い場所にあるものを取ろうとしたとき
・ベルトを通そうと後ろに手をまわしたとき

などがあげられます。

 

ほかにも、

・シャツの袖に腕を通すとき
・髪を後ろで束ねようとしたとき
・着物の帯を巻くとき

など、肩を大きく動かそうとしたときに痛みが走ります。

247

 

「五十肩」と「肩こり」の違い

 

五十肩と肩こりは似たようなイメージがあって
肩こりがひどくなると五十肩になるのかなと思ってしまうのですが、

実は「五十肩」は「肩こり」とは違います

 

肩こりは、肩の筋肉が収縮して緊張を起こしている状ですが

五十肩は、肩関節内の炎症が原因で起こります。

 

また、肩こりと五十肩は痛む場所も違います

 

肩こりは、肩というよりも首の回り
五十肩は、肩関節そのものの内部で炎症が起きて痛みます。

 

 

肩関節の炎症が起きる理由

 

では、なぜ肩関節の中で炎症が起きるのでしょうか?

 

その理由は、肩の構造にあります。

 

肩関節は、ボール状の上腕骨頭と浅い受け皿状の関節窩から構成されていて
小さな受け皿に、大きなボールが動くことで
広範囲な動きが可能になっています。

 

実は、肩関節というのは、人体の関節の中でも、
動く範囲が非常に広い関節です。

 

それだけに、長年酷使しているうちに、年齢とともに負担がかかり
40歳~50歳くらいで炎症が起こりやすくなります。

 

そして、内部で起きた炎症は、周囲にある様々な筋肉にも
緊張を与えて痛みが出てきます


スポンサーリンク

 

五十肩の病期

 

五十肩は、発症してから大きく3つの病期にわかれます。

 

個人差はありますが、

まず、発症して2週間から2か月続くとされる「急性期
この時は、痛みが強い状態です。

 

そして慢性期」がおよそ2か月~6か月
この時期は、小康状態で、大きな変化はありません。

 

そして回復期に向かいます。
回復期は3か月~6か月程度といわれていて、痛みが取れてきます

 

ここで大事なのが、
最初の痛みの強い「急性期」の段階で無理をしないことです。

 

決して

・人に強く引っ張ってもらう
・痛みが出るほどの運動

などはせず、

痛みが強いときは

・三角巾などで腕を支える
・上着のポケットなどに手を入れて、腕の重みを緩和する
・イスのひじ掛けなどに腕をのせて支える

など、肩関節の負担を減らすようにしましょう。

 

また、夜寝るときには、
痛いほうを上にして寝ると、肩関節への負担が和らぎます。

 

250

 

肩の痛みはほかの病気かも!

 

肩の痛みは五十肩だけではなく、ほかの病気の可能性もあるんです!

 

まず、「腱板(けんばん)断裂」が考えられます。

 

腱板という、肩の骨についている腱が切れてしまう状態です。

 

腱板断裂だった場合、放っておくと切れた部分が広がることもあり、
早めに治療する必要があります。

 

五十肩との見極め方は、

例えば、腕を上げようとしたとき

動きの最終段階で痛みが起こるのが「五十肩」で、

動きの最初、つまり腕を上げようとした段階から痛みが始まるのが
「腱板断裂」です。

 

また腱板断裂は、痛みのないほうの手で支えると腕が上がるのも特徴です。

 

ほかにも、「石灰沈着性腱炎(けんえん)」という
腱板に石灰が沈着し、猛烈な痛みを伴う病気などもあります。

 

痛みがあるときは、医療機関で診断してもらいましょう。

 

251

 

五十肩の痛みを和らげるには

 

五十肩の痛みを和らげるために気をつけたいのが
猫背」です。

 

猫背は肩に負担が大きいうえに、肩甲骨の動きも妨げます

 

例えば、体が猫背のような状態になってくると、
体に乗っている肩甲骨が外側に開いて、下を向くような形になります。

 

そうなると、肩甲骨が固定されてしまい、
その状態で無理に腕を動かそうとすると、
肩の関節に大きな負担がかかってしまいます

 

良い姿勢をとって、肩甲骨を動かせるようになると
肩関節への負担も減ります。

 

五十肩の痛みを和らげるには、姿勢が大切なんです。

 

252

 

 

肩関節に負担をかけないで痛みを和らげる
簡単な体操をご紹介します。

 

1.まず、肩を耳に近づけるように、肩の上げ下げ運動をします。

このとき、肩甲骨を上げるように意識して行いましょう。

 

2.次に、後ろで肩甲骨をくっつけるように胸を張ります。

 

3.肩を時計・反時計の方向に回します。

 

腕を上げ下げすると、肩関節に負担がかかるので、
肩を上げ下げするようにしましょう。

 

この運動は、腕を上げたりしないので
肩関節内部の炎症を悪化させることなく、
まわりの筋肉の緊張と痛みを和らげることができます。

 

 

まとめ

 

多くの肩の病気は、肩甲骨の動きをよくすることで予防できます。
普段から肩甲骨を意識的に動かすことも大切です。

何かをしながら1、2分でも肩を動かすと、かなりスッキリしますよ。
ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です