洗濯物を部屋干しすると臭うのはなぜ?防ぐ・取る方法は?

258

梅雨時や花粉の時期、夜に洗濯をしたときなどは、
洗濯物を部屋干しにすることが多くなりますが、
その部屋干ししたタオルを使って顔を拭いたときなどに、
嫌な臭いがすることはありませんか?

 

いつもと同じように、漂白剤や柔軟剤を使っているのに
臭いがするのはなぜなんでしょうか?

 

部屋干しの臭いを防ぐ洗濯のポイントをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

部屋干しの臭いの原因

 

洗濯物を部屋干しすると、生乾きの何とも言えないイヤな臭いがすることがありますが、
これは、洗濯で落としきれなかったわずかな「汚れ」が化学変化を起こしたり、
雑菌」が増えることによって発生します。

 

253

 

部屋干しの臭いを防ぐ方法

 

部屋干しの臭いを防ぐポイントは、
お洗濯で「汚れ」や「雑菌」をしっかりと落とすことです。

 

「汚れ」を落とすには、

 

洗剤は「使用量の目安」に従って、きちんと計量して適量を入れる。

→ 洗剤が適量より少ないと汚れ落ちが悪くなります。

 

洗濯物は洗濯槽の容量の7~8割までを目安に入れる。

→ 洗濯物を入れ過ぎると洗濯槽の中で洗濯物がスムーズに動かなくなり、汚れ落ちが悪くなります。

 

ということが大切です。

 

256

 

「雑菌」をできるだけ残さない・増やさないためには、

 

「菌」は洗濯物に残った汚れをエサにして増殖していきますので、まず、汚れをしっかりと落とした上で、

 

部屋干し用の洗剤を使う。

→ 汚れにも菌にも効果的で、しっかりと落とすことができる部屋干し用の洗剤が市販されています。

 

「除菌力」や「抗菌力」の高い漂白剤や柔軟剤を使う。

→ 菌を落とす「除菌力」や、菌が増えるのを防ぐ「抗菌力」が高い漂白剤や柔軟剤を、部屋干し用洗剤と併用することで、より臭いをおさえる効果が期待できます

 

255

 

「すすぎ」はキレイな水道水を使う。

→ お風呂の「残り湯」を洗濯の「洗い」の工程で使うと、節水になり汚れ落ちも高まるので、おすすめなのですが、「すすぎ」にまで使ってしまうと、残り湯の中の菌や汚れがキレイに洗った洗濯物についてしまい、臭いが発生しやすくなります。すすぎには水道水を使うようにしましょう。

 

260


スポンサーリンク

 

一度ついてしまった臭いを取るには?

 

一度ついてしまった生乾きの「臭い」がいつも通りに洗ってもとれないときは、
つけおき洗い」が効果的です。

 

そのとき、液体の酸素系漂白剤を一緒に使うとより効果的です。

 

洗濯機に「つけおきコース」がある場合は、コースを選んで洗いましょう。

 

洗面器を使って「つけおき洗い」をする場合は、次のように洗います。

 

259

 

1) 洗剤液をつくる

40℃くらいのお湯に、通常使用する1回分の量の酵素入り洗剤を溶かして洗剤液をつくります。

 

2) つけおきする

洗剤液に、30分~2時間くらいつけおきします。

 

3)いつもどおりに洗濯する

つけおきした洗剤液ごと洗濯機に入れ、ほかの洗濯物と一緒に、いつも通りに洗濯します。

 

※色落ちしたり、生地を傷めたりすることがあるので、2時間以上は浸さないように注意しましょう

 

254

まとめ

 

今回は洗濯物を部屋干ししたときの臭いの原因と
洗い方を紹介させていただきましたが、

「乾かし方」をちょっと工夫することでも、部屋干し臭を防ぐことができます。

 

次回は、乾かし方についてご紹介します!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です